フローリングの注意点

乾拭き

フローリングとは床の一つであり、様々な人が利用していますが、運用していく上で様々な注意点があります。

フローリングは繊細な材質なので椅子を引きずったりして床を傷つけてしまったり、水などの液体をこぼしたまま放置しているとシミになったり床が割れたり、膨張してしまったりと様々なことに注意が必要です。

さらに窓際など風雨に晒されることが多い場所や、湿気が多い季節などは同じく床が膨張したり割れたりするので注意が必要です。

床ワックスの効果
近年の住宅はフローリングの床を使用している事が多いのではないかと思います。

このフローリングを傷めずにきれいに保つ為に欠かせないものが、床ワックスです。

これを使用すると、床に被膜を作りフロアコーティングされるので床を傷や汚れから守ることが出来ます。

また、見た目も床がつやつやとしてとても綺麗です。

ホームセンターや、スーパー、薬局などで販売されており、種類も油性や樹脂製などいくつかの種類があるので、床材や性質に合わせて使うとよいと思います。

床ワックスの効果

ワックス中

板張りの床(フローリング)に床ワックスを塗ることで期待できる効果はさまざまあります。

主な効果としては、床材の保護、美観の向上、そして清掃を楽に行えることなどが挙げられます。

床は、毎日人が歩いたり、物が擦れたりしやすい部分なので、板張りの床材を保護するためにはワックスが欠かせないと言えますし、たとえ傷がついても、ワックスを上塗りすれば美観を保つことができます。

そして毎日の清掃が効率的に行えるので、部屋の清潔さを維持することに役立ちます。

フローリング
国内においてフローリングと言われるものは木質系の素材を用いた床の事を言います。リビングルームや個室や廊下等屋内において様々に使われ種類も合板や楢檜杉桜等の無垢材や竹コルクと選択肢は広くアウトレットのものもあるので選び易いです。

無垢材は風合いよく月日の経過により深い趣が出ます。ただ寒暖や乾燥湿気等の影響を受けやすく隙間が生じたり反りが出たり音が鳴ったり膨張したりと言った事が合板や集成材を使った時より起こり易いし防音や断熱性能も劣りますが施工時の対応により改善可能です。

現代の一般住宅や公共施設等において需要は大で不可欠であると言えます。

床ワックスとは

床ワックス

フローリングを床ワックスを用いてコーティングすることをフロアコーティングと言います。

フロアコーティングには、いくつかのメリットがあります。人が生活したり、家具を置いたりすると、どうしても床に細かな傷がついてしまいますが、ワックスを塗ることにより、直接床に傷ができるのを防いだり、傷を軽減したりすることができます。また、食べ物やクレヨン等による汚れがついたときでも、水拭きだけで簡単に汚れが落ちます。さらに、床の表面にツヤが出て、美しく見えるという利点があります。

フロアコーティングの注意点
フロアコーティングとは主に様々なコーティング剤を使用することで出来る施工法ですが、コーティング剤の性質や性能によって値段や効果、耐久性など様々な要点に注意する必要があります。

大体は4つの素材に分かれており、それぞれ耐久年数や施工中の臭い、光沢、防滑性などが大きく違っていきます。特に部分補修方法や値段の変化が著しいので注意が必要です。

一番値段が安い施工方法であれば生活している間に跡が残ってしまったり、耐久年数が低いので他の施工方法もチェックすると良いでしょう。

フロアコーティングのメリット
フロアコーティングはペットを飼っている人にとってもメリットが多く挙げられます。

例えば、猫のひっかき傷によってフローリングが傷んだりしにくく、粗相をしてもシミになりにくく掃除も拭き掃除程度で綺麗になります。また臭いもつきにくいというメリットもあります。種類によっては滑りにくい床にすることも可能で、ペットにとっても負担がかかりにくいといえます。安全性の面では、万が一ペットがなめても有害でない材質のものもありそのような素材を選ぶことも可能です。

アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年11月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930